プロミスなら所得証明不要でカードローンの契約ができます

様々な消費者金融業者がカードローンのサービスを展開していますが、借り入れを行うときには所得証明不要で融資が受けられるものを選ぶと便利です。具体的にどこを選べばいいのか?を詳しく知りたい人はコチラ⇒キャッシング即日Ready<即日融資を受けるための3ステップ>のサイトが参考になりますよ。プロミスのカードローンであれば、借り入れ希望額が50万円を超えないときや、他の金融業者からの借り入れ金額との合計額が100万円を超えなければ、所得証明不要で融資が受けられます。プロミスのカードローンの手続きを済ませるときには、本人確認のために運転免許証や健康保険証の提出が必要になります。プロミスではすべての手続きをインターネット上で済ませることが可能なので、スマートフォンや携帯電話があれば店舗に来店しなくても借り入れの手続きを済ませることができます。所得証明不要で運転免許証だけで借り入れ契約を行うことが可能で、スマートフォンのカメラで書類の写真を撮影してアプリで送信することで、提出手続きを行うことができます。融資の金額は指定してある銀行口座に振り込み融資をしてもらう形であれば、ネット上で借り入れができるので便利です。

アイフルで所得証明不要で契約できる理由

アイフルでは一部のカードローンやキャッシングサービス付きのクレジットカードで所得証明不要で契約できるサービスを始めています。これまでのローン会社のサービスの審査では職業の申告と所得の申告の他に所得証明書の送付が求められていました。しかし、職業による審査をやめたこと、総量規制のためのチェック体制が整ったこともあり、所得証明不要で契約できるようになったようです。アイフルでは所得証明不要ではありますが、申告された所得と他の借り入れも含めた借入状況のバランスを見て審査を行っていると考えられます。総量規制では所得の3分の1を超える現金は貸してはならないので特に厳しくチェックされています。ただし、所得があれば無制限に貸し出せるわけでもなく、総量規制とは別に車内での規制を設けているようです。アイフルでは100万円程度を借入上限として設定していることが多いです。これ以下の金額については総量規制を踏まえた上で審査で所得証明は必要ないことになっています

レイクでの借り入れは所得証明不要です

レイクで借り入れをする際に本人確認書類を提示しますが、100万円以下の借り入れには所得証明不要です。必要な本人確認書類は運転免許証ですが、これがない場合は有効期限内の健康保険証・パスポート・在留カード・特別永住者証明書のいずれかでいずれも、氏名・生年月日・現住所の3項目の記載されたものを提示します。また本人確認書類と現住所が異なる場合は、公共料金の領収書・住民票の写し・印鑑証明書のいずれかも併せて提示する必要があります。上記は所得証明不要の場合の必要書類ですが、所得証明不要でない100万円以上の借り入れはこれに限りませんので、注意して下さい、レイクの申し込みや方法には、自動契約機やインターネット申し込みなどの方法がありますが、手順はどちらも殆ど同じで、申し込みに必要な質問に答えて個人情報を参照のうえ年齢・年収・他社での借り入れ状況などの情報から、契約限度額が決まります。種類の提示方法は、自動契約機はその場で提示し、WEB申し込みはメールで送信します。返済もレイクATMや契約ATMから出来ます。